アバルトってフェラーリのコラボ作品

アバルト500は、フィアット500をベースに内装、外装、駆動系、足回りにアバルトが手を加えた特別なモデルだ。
そこに再び「フェラーリに差上げる」という大層な名前を冠したモデルが追加されました。それがアバルト695トリビュートフェラーリだ。
フィアット500は、ポップで愛らしい雰囲気が持ち味ですが、アバルトがチューニングすると何かただならぬ雰囲気を漂わせたホットハッチへといった変化します。
フェラーリの象徴です跳ね馬のエンブレムが装着され、FERARRIという文字もエンブレムに記載されます。
また、エクステリアパーツにはカーボンパーツがとことん使われ、マフラーも4本出しとして、エアロパーツも攻撃的ものになります。
インテリアもオリジナル車の面影を払拭するかのように、スパルタンなつくりになっています。
シートは、スライド機構こそありますが、リフター機構は排除されてあり、シートの着座感もかなりタイトになっています。
ベースのフィアット500の日本国内での売値は200万円からですが、695の場合には569万円という値が押し付けられていました。
ノーマルの500が2台払える値段だ。
ただし、マニアの間ではすぐに話題として、価格が発表される前に国内販売分は完売となったという経緯もあります。
フェラーリというアバルトという二つのブランドがコラボした作品として、695トリビュートフェラーリはマニアにとりまして、見過ごせない車だったのです。コンパクトカー